おすすめ投稿

プリザーブドフラワーを飾って心を元気に

プリザーブドフラワーは、お花を加工して樹液を一度抜き取り、染色を行って枯れることを防いでくれるお花です。保存できるお花という意味があり、家庭では直射日光や温度差の激しくないところで保管することで生花の3倍以上、寿命が延びることがあるそうです。


プリザーブドフラワーは風水に使える?

よくお花を自宅に飾ることで、運気をあげるなどといいますよね。しかし、押し花などは死んでしまったお花なのでよくない、などなかなかルールは難しいようです。人によってこの意見は異なるようですが、一般的な認識として、プリザーブドフラワーを風水に利用してダメだ!ということがないそうです。美しく咲いている生花ほどの効果はない、とも言われているようです。


きれいな色を見ると心が和む

心理効果は様々なところで活用されています。お食事をする場所では赤を利用すると、食欲増進の効果があるとも言われていますよね。プリザーブドフラワーの花は、色がいつまでもきれいなので、生花のように死んだお花になってしまうことがありません。そのため、飾ることで心を明るくしたり、いやしたりする効果が非常に高いそうです。ピンクは柔らかい気持ちに、オレンジは元気になると言われています。白いお花はお祝いにもお悔やみにも利用される無垢な色です。

プリザーブドフラワーは生の花から作るので完成度が高いものが作れる

プリザーブドフラワーは、造花と違って本物の生花から加工して制作されます。そのため、普通の増加と違って完成度が高い上に、また2,3年は長持ちするので飾っておくのもよしですし、贈り物にも十分適しています。


<増加と違って繊細さがある>

造花は、1から作っていきますが、プリザーブドフラワーは本物の花を使用して特殊加工をしていきます。ですので、よくよく見ればディテールが本物の花と同じく繊細です。個人が自作をするとなると造花よりもプリザーブドフラワーの方がそれほどスキルはいらないかもしれませんね。大事なのはその製造工程になれることです。


<しかし、保存は造花の方が良いかも>

ですが、万能と言うわけではありません。保存がちょっと難点ですし寿命も永遠というわけではないのです。それに対して造花の方は半永久的に保存することができます。元が人工的な素材で制作されていますから、本物の花を使ったプリザーブドフラワーよりも保管し安いのは当然と言えば当然でしょう。


<結局は好みで>

やはり、結局は好み次第ではないでしょうか。造花なら確かにスキル入るかもしれませんが、保存は効きます。しかし、自作と言う点ではプリザーブドフラワーの方が簡単ではあるでしょう。

いつまでもプリザーブドフラワーを楽しむ為には取扱いに気を付ける

「枯れない花」といわれるプリザーブドフラワー。花びらの色鮮やかさや、質感は生花と間違うほどです。長くその美しさを楽しめることからお部屋のインテリアや贈り物としても喜ばれています。水やり不要でお手入れ簡単と思われていますが、その取扱いを間違えると枯れることはありませんが、色合いや質感が変わってしまう事があります。いつまでもその美しさを楽しめるように取扱いには注意しましょう。


<取扱注意は必ず守りましょう>

プリザーブドフラワーは半年から数年の寿命と言われています。寿命がきたからと言って枯れてしまう事はありません。ですがお花ですので数年のうちに劣化していくのはしかたがありません。ですがその劣化を短期間で起こさない為には、取扱は注意しなくてはいけません。まずプリザーブドフラワーは直射日光を嫌います。紫外線にあたることにより白い花ですと黄ばんでしまいます。花びらにホコリが付いたままで置いておくと劣化の原因になります。ケースなどにいれて保管する事をおすすめします。水やりは不要ですので、湿度が高いところに置くことはよくありません。花びらが透けてきたり、染料をつけた花は色落ちの原因になります。過剰な水分は避けるようにして下さい。取り扱いを注意すれば長いもので数年、美しさを楽しめますので気を付けましょう。

プリザーブドフラワーでブーケを頼むコツ

プリザーブドフラワーは枯れにくいお花なので、ウエディングで利用されることも多いそうです。両親へ渡すお花として利用するほか、ウエディングでは花嫁がもつブーケとして利用されることも増加していると言われています。プリザーブドフラワーでブーケを作るときはきれいに見えるルールなどを知っておきたいですよね。


プリザーブドフラワーは花の開き具合も調整できる

ブーケでは綺麗な丸みや、お花のラインを出すことが難しくなります。そのため、プリザーブドフラワーを使ったブーケでは、生花ではできないお花の開き具合なども微調整できるというメリットがあるのです。持ち手が少し短く、お花が丸くなっているものをラウンドブーケと呼んでいます。結婚式などで非常にポピュラーなものです。これはカジュアルな式でも利用できるのですが、手元に丸いシルエットが来ることから、体系の丸みなどを隠したい人には不向きなのだそうです。


写真うつりも考えてお花を選ぼう

結婚式では写真をたくさん撮ります。そのため、非常に濃い赤などを利用したプリザーブドフラワーのブーケを利用すると、写真に写る色が少し黒っぽくなってしまうこともあるのです。ドレスと同じ色ではお花が生えないので、ドレスよりも少し色のあるものか、カラードレスであれば、真っ白のブーケを使うといいそうです。プリザーブドフラワーの場合は色味を選ぶことができますので、悩んだら写真に写った色味などを聞いて作るといいでしょう。

プリザーブドフラワーでオリジナルグッズを

プリザーブドフラワーは枯れないお花、などと言われています。これは生花の花弁を特殊な液体に漬けて加工、その後染色を行うことで、お花の色を決めます。そのため実在しない色や欲しい色合いの花弁を利用して、お花を再現することができるのです。


プリザーブドフラワーを利用したグッズも

プリザーブドフラワーは人間が日常を心地よく暮らせる環境であれば、最長で10年近くもつものもあるそうです。そこで、人気が高いのがお花を利用した時計や、小物などだそうです。もちろん、フラワーブーケなどの人気も高いのですが、お花を組み合わせて作られた小物入れなどもあります。染色を人工的に行うので、グラデーションなども非常に美しく仕上がります。


フラワーケーキも人気

まるでケーキのように作られたお花を見たことはありませんか?あれはフラワーケーキと呼ばれているもので、プリザーブドフラワーと小物を組み合わせて、デコレーションケーキのように仕上げているものです。実際に食べることはできませんが、かわいらしい飾りと色が長持ちするので、誕生日やウエディングだけでなく、おめでたい席全般で好評なのだそうです。イチゴやチェリーときれいな薔薇が並んでいて、見ているだけで明るい気持ちになりますね。

プリザーブドフラワーだと持ち帰りも楽ちん

お祝いごとがあるとプレゼントするものが、お花です。お花があるとお部屋は華やかになりますし、よくスタンド花や楽屋花というものをギフトで贈りますよね。もちろん生花の香りや、色も素敵ですが、あまりに大量に花束をもらってしまうと困るのが、持ち帰るときです。


プリザーブドフラワーなら軽くて長持ち

生花は枯れないように、見えない部分に水分を含んだペーパーを巻いてくれたり、水持ちのいい土台に行けてくれたりしますよね。カゴなどに入っているお花は、専用の土台が利用されているそうです。しかし持ち帰るときに非常に重たい、花が傷んでしまうのが早いので、すぐに枯れてしまうというデメリットがあります。プリザーブドフラワーは、一度加工されていることから、非常に軽く、花粉などもないので、お洋服などを汚す心配もありません。


ずっと飾ることができる

生花はいつか枯れてしまいます。特に光や熱で少し傷んでしまうと、その部分からどんどん色が変わってきてしまいますよね。しかし、プリザーブドフラワーは、生花の感触をそのまま、枯れない加工を施してあるので、非常に長い時間、そのお花を楽しむことができます。湿気や極度の乾燥には弱いですし、色あせを起こすこともないわけではありませんが、人間が心地よく暮らせる環境に置いておけば3年近く持つこともあるそうです。

プリザーブドフラワーで実在しない花も表現できる

プリザーブドフラワーは特殊な液体にお花を漬けて、花弁の加工を行います。その後、染色することから同じ色の花弁を大量につくることが可能です。生花では同じ品種のお花でも、色合いが微妙に異なってしまうなどの個性がありますが、ある意味で同じ色で統一したいという場合に、統一感を出すことが難しいというデメリットもありました。


この世にない花をプリザーブドフラワーで

少女漫画などに出てくる、謎のお花ってありますよね。この世にはマンガのようなお花は実在しないのに、どうしても本物を見てみたくなったことがあります。例えばガラスの仮面に出てくる紫の薔薇なども、プリザーブドフラワーなら、本物そっくりな薔薇を再現することが可能なのです。自分であったらいいなと思う、そんな理想のお花を作り出すこともできるのが、プリザーブドフラワーです。


ヘアピースなどにも利用できる

質感が生花と同じように非常に柔らかいので、人ごみなどでは難しいかもしれませんが、ショーなどで髪飾りに付けるヘアピースにもプリザーブドフラワーは利用できます。ウエディングなどで利用されることもあるそうです。中にはオーダーメイドで作っている会社もあるそうです。あなたの大切な日に、自分だけのブーケや髪留めを身に着けるのって、なんだか素敵だと思いませんか?

[おすすめサイト]
プリザーブドフラワー女性に人気ある店ランキング(http://www.armstronggibbs.org/)

プリザーブドフラワーはウエディングに最適

プリザーブドフラワーは、一度生花から花弁を取り外し、特殊な液体で加工、そのあとに染色を行ったお花のことです。見た目は生花とほとんど変わりませんし、触った感触もまるで生花そのものですが、枯れない加工がしてあるため、5倍以上の期間、水やりなどもなく長持ちすると言われています。


プリザーブドフラワーはウエディングでも人気

枯れない、ということは非常に縁起のいいお花ですよね。そこでウエディングでも、プリザーブドフラワーは高い人気があるそうです。特殊な加工を施してあるので、熱などにも強く、花弁が萎れてしまうということが、非常に少ないのです。昔から生花をデザインに取り入れたドレスなどがありましたが、生花なので不安という方もいたかと思います。プリザーブドフラワーなら強めの照明でも、短時間であれば色があせることもありません。


ブーケやウェルカムボードにも

事前に準備をしておきたいものでも、枯れてしまうお花を利用するとなると、当日にあれこれと考えなくてはいけませんよね。そこでプリザーブドフラワーを利用することも多いそうです。ウエディングに限らず、ウェルカムボードなどに花を添えたいときなどに利用すると便利だと言われています。湿気には弱いので雨の中で放置することはお勧めしませんが、屋内であれば、直射日光などを避ければ長期間、きれいなまま飾っておくことができると言われています。