プリザーブドフラワーだと持ち帰りも楽ちん

お祝いごとがあるとプレゼントするものが、お花です。お花があるとお部屋は華やかになりますし、よくスタンド花や楽屋花というものをギフトで贈りますよね。もちろん生花の香りや、色も素敵ですが、あまりに大量に花束をもらってしまうと困るのが、持ち帰るときです。


プリザーブドフラワーなら軽くて長持ち

生花は枯れないように、見えない部分に水分を含んだペーパーを巻いてくれたり、水持ちのいい土台に行けてくれたりしますよね。カゴなどに入っているお花は、専用の土台が利用されているそうです。しかし持ち帰るときに非常に重たい、花が傷んでしまうのが早いので、すぐに枯れてしまうというデメリットがあります。プリザーブドフラワーは、一度加工されていることから、非常に軽く、花粉などもないので、お洋服などを汚す心配もありません。


ずっと飾ることができる

生花はいつか枯れてしまいます。特に光や熱で少し傷んでしまうと、その部分からどんどん色が変わってきてしまいますよね。しかし、プリザーブドフラワーは、生花の感触をそのまま、枯れない加工を施してあるので、非常に長い時間、そのお花を楽しむことができます。湿気や極度の乾燥には弱いですし、色あせを起こすこともないわけではありませんが、人間が心地よく暮らせる環境に置いておけば3年近く持つこともあるそうです。