プリザーブドフラワーで実在しない花も表現できる

プリザーブドフラワーは特殊な液体にお花を漬けて、花弁の加工を行います。その後、染色することから同じ色の花弁を大量につくることが可能です。生花では同じ品種のお花でも、色合いが微妙に異なってしまうなどの個性がありますが、ある意味で同じ色で統一したいという場合に、統一感を出すことが難しいというデメリットもありました。


この世にない花をプリザーブドフラワーで

少女漫画などに出てくる、謎のお花ってありますよね。この世にはマンガのようなお花は実在しないのに、どうしても本物を見てみたくなったことがあります。例えばガラスの仮面に出てくる紫の薔薇なども、プリザーブドフラワーなら、本物そっくりな薔薇を再現することが可能なのです。自分であったらいいなと思う、そんな理想のお花を作り出すこともできるのが、プリザーブドフラワーです。


ヘアピースなどにも利用できる

質感が生花と同じように非常に柔らかいので、人ごみなどでは難しいかもしれませんが、ショーなどで髪飾りに付けるヘアピースにもプリザーブドフラワーは利用できます。ウエディングなどで利用されることもあるそうです。中にはオーダーメイドで作っている会社もあるそうです。あなたの大切な日に、自分だけのブーケや髪留めを身に着けるのって、なんだか素敵だと思いませんか?

[おすすめサイト]
プリザーブドフラワー女性に人気ある店ランキング()