プリザーブドフラワーを飾って心を元気に

プリザーブドフラワーは、お花を加工して樹液を一度抜き取り、染色を行って枯れることを防いでくれるお花です。保存できるお花という意味があり、家庭では直射日光や温度差の激しくないところで保管することで生花の3倍以上、寿命が延びることがあるそうです。


プリザーブドフラワーは風水に使える?

よくお花を自宅に飾ることで、運気をあげるなどといいますよね。しかし、押し花などは死んでしまったお花なのでよくない、などなかなかルールは難しいようです。人によってこの意見は異なるようですが、一般的な認識として、プリザーブドフラワーを風水に利用してダメだ!ということがないそうです。美しく咲いている生花ほどの効果はない、とも言われているようです。


きれいな色を見ると心が和む

心理効果は様々なところで活用されています。お食事をする場所では赤を利用すると、食欲増進の効果があるとも言われていますよね。プリザーブドフラワーの花は、色がいつまでもきれいなので、生花のように死んだお花になってしまうことがありません。そのため、飾ることで心を明るくしたり、いやしたりする効果が非常に高いそうです。ピンクは柔らかい気持ちに、オレンジは元気になると言われています。白いお花はお祝いにもお悔やみにも利用される無垢な色です。