おいしい減塩食を作るための10のポイント

  • by

食べ過ぎは体に良くないことはわかっていますが、あっさりしていると美味しくないでしょうか?なかなか実践できない方も多いようです。
慣れてくるので、あっさりした味に慣れることが大切です。
でも、やっぱり食事は楽しみながら楽しみたいものですよね。
減塩料理の10のヒント
1)うま味を活かす
昆布、かつお節、きのこ、干しえび、乳製品など。
2) 香辛料や香味野菜を使う
わさび、からし、カレー粉、しょうが、にんにく、しそ、みょうがなど。
3) 酸を使う
柑橘果汁、トマト、酢などを加えて酸味を強調。
4) 油脂で旨みとコクを引き出す
ごま油、オリーブ油、植物油など 煮物やスープの仕上げにごま油を一滴たらすと、コクとうまみが増します 市販のナッツには、塩を加えたり、油で調理したものもあるので、無塩やローストしたものを選びましょう。
5)香ばしいイワナの香りを加える
焼いたり、焼いたりすることで香ばしさが増し、おいしく食べられます。
6)素材の表面に下味をつける
最初から醤油などの薬味を煮詰めるのではなく、出汁で煮込んで具材を煮込み、最後に醤油を加えて味を調えます.成分は時間の経過とともに水分を放出します。
7) レギュラーフレーバーとライトフレーバーを組み合わせる
薄味を2~3品ではなく、しっかり味付けを1品+超薄味を1~2品にした方がバランスが取れて満足感が得られます。
8) 食品を適温にする
温かいものは温かいうちに、冷たいものは冷たいうちに食べれば、減塩でもおいしく食べられます。
9) 食物繊維をたくさん摂る(*5)
全粒粉製品、野菜、じゃがいも、こんにゃく、きのこ、海藻、果物など。
10) カリウムを含む食品を食べる
野菜、じゃがいも、海苔、果物など カリウムは、尿とともに体内の余分な塩分(ナトリウム)や水分を排出し、塩分の摂りすぎによる血圧の上昇を抑えます。
おいしい減塩食を食べたいなら専門記事の減塩食の宅配弁当Naviはとても参考になります。