なぜ薬局が多いのか?

  • by

その理由は、一言で言えば「規制」です。医薬品を販売するには薬剤師など専門知識を持ったスタッフが必要ですし、化粧品分野には参入障壁があります。
誰でも参入できる業界ではないし、商店やスーパーマーケットなどの自由競争市場とは環境が違う。しかも、利益率の高い医薬品や化粧品で儲けることができるので、食品や生活必需品で儲からなくても問題ないのです。
薬局の特徴とは?
薬局と商店・スーパーの大きな違いは、薬局は薬事法上の医薬品を主に扱い、薬剤師を常駐させ、院外処方箋を調剤するなど、単なる薬局としての機能を超えたサービスをあらゆる世代に提供していることです。
薬局と調剤薬局の違いとは?
薬局と調剤薬局の大きな違いとして、保険薬局が処方箋医薬品を扱うのに対し、調剤薬局は処方箋医薬品を扱わないことが挙げられます。また、薬局は通常、薬剤師を雇っていません。