中国人の国葬に対する着目点は「民主主義」「言論の自由」!?

この記事を書いているとき、現在日本に留学中の中国人学生2人からこんな質問を受けた。
 世論調査によると、国民の6割もの人が国葬に反対しているそうです。普通なら、政府は世論を受け入れて考え直すはずでしょう? ところが、政府は埋葬を強行した。日本は真の民主主義国家なのだろうか?
 テレビを見ていると、国葬に反対している人が非常に多いという印象を受けた。しかし、実際に献花に行くと、とても多くの人がいた。マスコミは反対派に傾斜して報道しているように感じた。これは公平なのだろうか?”
 国葬をめぐるさまざまな動きや反対運動は、日本から見れば珍しくもなんともなかったかもしれない。しかし、中国人にとっては、自国には存在しない光景であり、衝撃的で新鮮なものであった。コロナ以前から観光やビジネスで日本を訪れる人は多く、近年は日本に住む中国人の人口も増えてきている。彼らは以前よりも日本という国を身近に感じ、興味を持つようになった。そのため、中国人からさまざまな感想や質問が寄せられるようになった。
 元首相が撃たれて亡くなり、国葬という形で喪に服している。国葬に賛成する人と反対する人がほぼ同じか、反対する人の方が多いのだが、国葬は滞りなく行われることになる。王志安氏を中心に在日中国人が報告した安倍元首相の国葬の様子は、中国人にとって、民主主義や言論の自由の本当の意味を考える有意義な機会となった。それはきっと、国の政治体制や環境は違っても、共感できたからだろう。